ゼニカルとオキシレックスとフルーツダイエット

ダイエット薬には、吸収阻害系、燃焼系、食欲抑制系、の3種類があります。細かく分けるとまだ色々ありますが、大別するとこの3つです。
このうち、ゼニカルは吸収阻害系のダイエット薬です。膵リパーゼの働きを阻害することで、摂取した脂質を分解できなくして痩せさせる薬です。カロリーカット効果は摂取した脂肪のカロリーのうち30%とされています。
オキシレックスは、ゼニカルに比べると認知度が低いです。オキシレックスは何系かというと、吸収阻害、燃焼、食欲抑制の3つの効果をカバーしていると説明されています。
ただし、ゼニカルが医薬品であるのに対して、オキシレックスはあくまでサプリメントです。健康維持や健康増進に役に立つ食品ということで、はっきりした医学的効果が認められたわけではありません。
実際、オキシレックスの口コミでは効果が感じられなかった、という声が多いです。効いているような効いていないような、という曖昧な効果しか得られないようです。
ゼニカルは医薬品としてFDA(アメリカ食品医薬品局)からも認可されていて、アメリカでは肥満治療や糖尿病治療に使われています。
どちらがはっきりした効果が得られるかと言ったら、ゼニカルに軍配があがるでしょう。
フルーツのダイエット効果については、代謝をアップさせるのに必要なビタミンが供給されることで痩せられる可能性があります。ただし、フルーツは糖質が多いので食べすぎればダイエットには逆効果になってしまいます。フルーツは一見するとヘルシーですが、糖質が多いので血糖値を上げ、インシュリンの放出を促して体脂肪を蓄積させやすくするということには気をつける必要があります。
食べるのであれば、少量をデザートか食前に食べると良いでしょう。