ゼニカル服用後の注意点とは?

ゼニカルはヨーロッパで、ポピュラーに処方されている肥満治療薬です。
オーリスタットという有効成分によって、食事に含まれている脂質の約30%分、吸収をカットします。
脂質の吸収が抑えられる為、摂取カロリーが大幅に減りダイエット効果を発揮するのです。
ダイエット中でも、どうしても食事を制限できない方、仕事上外食が多いという方はゼニカルによって、ダイエットがスムーズに進むでしょう。
安全性も高く医療機関でも処方されているので、正しく服用すれば健康的な被害が起こるリスクは避けられます。
しかし、やはり医薬品ですので服用にあたって、注意したい点がいくつかあります。
ゼニカルはリパーゼという酵素の働きを抑制し、ダイエット効果を出す薬です。
食事で摂った脂質は、そのままだと分子が大きすぎる為、腸で吸収できません。
リパーゼによって細かく分解されて、初めて吸収されるのです。
ゼニカルを服用する事によって、細かく分解されなかった脂質は便と一緒に排泄されます。
この時、便が脂肪分で柔らかくなり過ぎてしまい、下痢になってしまうケースがあるのです。
服用後、下痢が続いたり腹痛があるという場合は、飲む回数を減らすなどして対応しましょう。
また、栄養素には脂質に溶けて吸収されやすくなるものがあります。
ビタミンAやビタミンEといったビタミンは、脂溶性ビタミンと言われており、脂質と一緒に摂る事で吸収率がアップします。
ゼニカルを服用中は吸収されなかった脂質と共に、これら脂溶性ビタミンも排泄されやすくなります。
ビタミン類が不足すると健康だけでなく、肌がカサカサになるなど美容面でも悪影響を与えてしまうので、注意が必要です。
ゼニカルを服用した際は、サプリメントなどで不足しがちな脂溶性ビタミンを補いましょう。